" />

site concept

凸凹だらけの人生だったけど、平凡でも特別なんだって!”人生は覚悟と心映え”凡庸なるブロガーFUMIKA文家BLUE webメディア。

青は青のままで

【今日も誰かに”心からの喜びを届けたい”】ブロガー稼業で届ける”心からの喜び”。

【今日も誰かに】

つい先日、65(ローゴ)歳になった日に閃いた言葉、

「今日も誰かに」、

この「美しき人であれ」というサイトの、

顔ともいうべきメインブログの形容詞を何にするか、

このサイトを3年ほど前に始めてからずっと悩んでいた。

おそらくここに至るまでに20以上の候補が、

あ〜でもないこ〜でもないと変遷してきた。苦笑。

そしてここに来て、65歳の誕生日のウオーキング中に、

突然降ってきた言葉が「今日も誰かに」だった。

今日も誰かに幸せを届けたい。

今日も誰かに喜びを届けたい。

今日も誰かに元気の素を届けたい。

今日も誰かに安らぎを届けたい。

今日も誰かに、、、、。

これだ!と思って、急いで家路に着いた。

帰る道すがら、

そう言えば40年前、

脱サラして始めた事業の最初の名刺に書いた言葉が、

「心からの喜びを届けたい」だったのを思い出して、

人って、持っている本質はそうそう変わるもんじゃないんだなって、

おそらくDNAに組み込まれてるんだろうなって、

そんなことを考えながらひとりほくそ笑んでいました。笑。

40年前に始めた事業、

学生時代の二十歳の頃に志した「25歳で起業する!」

その25歳でっていうのもただ何となくで、

社会人三年経験すれば大丈夫だろうっていうくらいのもので、

当時は高度経済成長の名残りみたいな社会風潮だったし、

バブル経済の予兆みたいなものも微かに感じられるような、

まだ世の中全体に勢いみたいなものが蔓延していた時代で、

結構軽い気持ちでそんな志しを抱いていた気がします。

そしていざ25歳を迎えて、その頃は、

医薬品の納品に病院をまわる日々で、

心の中では、「何か始めないと」って思いながら、

かといってこれといったビジネスプランもなく、

ただ「自分でシャッターを開けてシャッターを下ろす」、

そんなイメージくらいで、具体策もないまま、

自分で勝手に決めた「25歳の呪縛」に迫られて、苦笑。

そして何かの雑誌で読んだ「汚れる仕事は廃れない。」、

それと、日々病院回りをする中で見ていた清掃に従事する人達、

そんな時に偶然見た”カーペットクリーニング事業”の広告、

そんな軽いノリで始めたビジネスだったけど、

いざ始めてみて、”カーペットクリーニング”だけじゃ、

ぜんぜん先行きないじゃんっていうことになって、

そんな時に偶然出会った昔の会社の後輩から、

「ハードフロアのクリーニングが出来たら、

ぜんぜん紹介出来ますよ!」って言われて、

もうこれはやるしかないなって、

電話帳開いて、ビルメンテナンス業の会社の中から、

何となくピン!と来た社名の会社に電話して、

「アルバイトさせて下さい!」って、無謀・笑。

いざ面接で、正直にかくかくしかじか、、。

「そういう事なら時給は半額な!」って、

それでもこちらは、ノウハウを習うわけだし、

「はい喜んで!」

そして、平日は自分の会社の営業をして、

作業で忙しい土日だけアルバイトして、

およそ3ヶ月くらいで基本はマスターしたので、

そこから「ビルクリーニング業」に移行して、

その頃の名刺に書いていたのが、

”心からの喜びを届けたい”っていうフレーズで、

いま40年の時を経て、似たようなフレーズ、

”今日も誰かに”に辿り着いたわけで、

人生って面白いですね。

そういえばアップル創業者のステイーブ・ジョブスの言葉に、

「未来を見て、点を結ぶことはできない。

過去を振り返って点を結ぶだけだ。

だから、いつかどうにかして

点は結ばれると

信じなければならない。」

っていうのがあったな。

google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0
google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0

-青は青のままで

google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0