" />

site concept

凸凹だらけの人生だったけど、平凡でも特別なんだって!”人生は覚悟と心映え”凡庸なるブロガーFUMIKA文家BLUE webメディア。

凡庸なればこそ

【怒りはいったん腹に落とし込む】何事も頭で考えてはいけません。

【亡き妻】さえ生きていてくれれば、、と、

2024年新年明けて早々、

そんな想いに捉われるような出来事があった。

もうすでに4日5日過ぎているのにもかかわらず、

いまだに我が身の不甲斐なさに、

時折こころ乱れる自分がいて情けない限りです。

この4、5日、

ウオーキング瞑想で心を落ち着かせてみたり、

働くことでその出来事を忘れさせてみたり、

あの手この手で平静な心持ちを保ってはいますが、

今朝になってつくづく亡き妻のことを思い起こし、

「こんなことでは亡き妻に笑われるな、、。」

なんてことをひとり呟きながら、

気持ちをすっかり切り替えられた自分がいます。苦笑。

亡くなっても尚、支えてくれていることに感謝です。

こころの大きな人でした。

心の広い人でした。

そして限りなく澄んだ人でした。

それはまるで、青い空のように、青い海のように、

果てしなく広く、果てしなく深く、限りなく碧く。

彼女が、余命宣告を受けて後、或る日、

闘病している病院のベッドに二人で横並びで座り、

わたしはこう問い掛けました。

「今まで、お母さんから、愚痴とか悪口とか、

まったく聞いたことがないんだけど、

人に怒りだとか、そんなこと思ったりしたことないの?」

「それは私だって、嫌だなって思ったりすることはあるよ。

でもそんなこと言ったって仕方ないでしょ。」

「そうなんだ〜。嫌だなって思うことはあるんだ?

全然そんな風には見えなかった。」

「それはあるよ。」(微笑みながら)、

その会話はそこまででした。

亡くなった後、この会話の続きを、

もっとしておけば、そんな時の、

心の処理の仕方なんかも聞けてたのにって、

凡夫のわたしなんかは、思ったりもしたものですが、

今回の出来事が起きて、

わたしの心の推移なんかを辿ってみるとき、

やっぱりこういう時の心の対処の仕方って、

テクニックとかではないんだな。

その人の精神そのものの有り様なんだなって、

やはり凡夫なわたしは、幾つになっても未熟です。

亡き妻あってのわたしでしたが、

亡くなっても尚、支え続けられているわたしです。

2023年、新年明けて早々、

亡き妻の精神に触れることが出来たことに感謝です。

因みに、

亡き妻の精神は、ひとり息子にも、

しっかり受け継がれている事が有難い。

そしてこの精神が、

後の代まで、

血脈を通して受け継がれることを想う時、

わたしと亡き妻との出逢いの意味が、

ここにあるのかも知れません。

末代に幸多からん事を、、。

google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0
google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0

-凡庸なればこそ

google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0