" />

site concept

凸凹だらけの人生だったけど、平凡でも特別なんだって!”人生は覚悟と心映え”凡庸なるブロガーFUMIKA文家BLUE webメディア。

青は青のままで

【自然散策】”大分市美術館”上野の杜ウオーキング

〈ピクニック気分で心癒す自然散策〉

今回は、大分市美術館で開催中の

”花咲く美人画展”池永康晟の世界を、

鑑賞することをメインに歩いて行きます。

前回の自然散策上野の杜コースは、

西側コースを登って行ったので、

今回は東側コースを登って行きます。

って言うか出発直前に仕事のお得意様から、

急な用事が入ったので、そちらに寄って回ると、

自ずと東側コースの選択になったという、、。笑。

まあ、上野の杜の頂にある大分市美術館、

どちらから登っても行き着く先は一緒ですから、

ただ、今日はお得意様経由で登って行くので、

ちょっと歩行距離は多くなりますから、

若干、気合いマシマシでスタートします。笑。

スタートしてから30分ほど、

途中お得意様に寄って用事を済ませて、

スッキリ気分で歩を進めて来ましたが、

そろそろ勾配がキツくなって来たころ、

腕に巻いたアイウオッチから優しい声で、

「2キロメートル○○分です!」

勾配のキツさに比べて距離少なツ!みたいな。

そんなことを思っていると、目の前に案内看板が、

 道路脇の案内看板

あと残り500mぽっち、

これは楽勝と元気回復です!笑。

前方に目をやると、

まだまだ勾配は続いていますが、

ここは気合いで登って行って、

まだ見ぬ”美人画展”を楽しみに!苦笑。

途中、上野の杜の中を垣間見ながら、

 上野の杜の中

杜の新鮮な空気を全身に浴びながら、

身も心も癒やされながら歩きます。

そしていよいよ頂きに近付いてきました。

眼下に市街地のマンション群を見渡して、

ようやく到着しました大分市美術館。

さあそして館内に入ります。

受付前まで行くと、

朝倉響子さんの作品が目に留まりました。

前来た時にはなかったような、

朝倉響子さん作「アシュリー」

彫刻好きのわたしとしては、

もうこれだけで満足なような、、。笑。

まあしかし、”美人画展”を楽しみにして

ここまで歩いて登って来たので、

”美人画展”ゆっくり楽しませて頂きます。

この”美人画展”、基本撮影禁止ですが、

一点のみ撮影OKな作品があったので、

撮影させていただきました。

全体的には、現在絵画というよりは、

浮世絵的絵画が多かったので、

ちょっと事前にイメージしてたものとは、

違ったのですが、それでも充分に、

楽しませていただいたので、

気分良く景色を眺めながら、

上野の杜を降りて行きます。笑。

google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0
google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0

-青は青のままで

google.com, pub-2851164974380060, DIRECT, f08c47fec0942fa0